読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグアナライズ

主にJリーグのチームを取り上げます

2017シーズン順位予想

みなさんお久しぶりです。じゅんのすけです。はい。約半年ぶりの投稿となり、少し緊張しております。笑 昨年のJリーグはリーグ戦3位で終えた鹿島がCSを制覇し、CWCでは準決勝まで駒を進め、レアルマドリー戦では柴崎のゴールで一度リードを奪い延長戦に持ち…

完全マンツーマン対応となったミシャダービー

みなさんこんにちは。Jリーグアナライズのじゅんのすけです。前節名古屋が勝利し、新潟と甲府が負けたため、残留争いが更に面白くなってきましたね。それにしても名古屋に闘莉王が戻ってきてから2勝1敗とは、おそるべし元日本代表センターバック。とうとう…

今年もいよいよラスト5節!残留争いを過去のデータと合わせて読み取る

みなさんこんにちは。前回の記事ではミシャレッズのラスト5節の弱さについて語った訳ですが、今季も残すところあと5節だと言うのにミシャレッズに関心が行ってしまい、肝心の残留争いを取り上げるのを忘れていました。残留を争っているチームのサポーター…

ミシャレッズ、リーグ戦ラスト5節の弱さを過去4年間のデータから解析

みなさんこんにちは。最近ブログのタイトルを「フットボールアナライズ」に変えようかと迷っているじゅんのすけです。これからは海外サッカーや日本代表といったJリーグ以外の試合についても触れていこうと考えており、実際ここ最近海外サッカーの試合もいく…

ゼロトップシステムの特徴と偽9番の役割

今回の記事はJリーグであまり見かけないシステムではありますが、ゼロトップシステムを取り上げてみたいと思います。ゼロトップシステムと言えばFCバルセロナやASローマなど過去に採り入れていたチームがいくつかありますが、それらのチームを基に見ていきま…

下平体制になってから柏レイソルの特徴と今後の課題

みなさんお久しぶりです。Jリーグも後半戦に差し掛かり、みなさんが応援されているチームの順位はいかがでしょうか。ちなみに僕はこれといった応援しているチームがないため、毎週気になったチームを追いかけているだけですけれども。まあ、強いて言うなら海…

ミシャシステムまとめ

Jリーグアナライズのブログを開設してから約4ヵ月間に渡り、浦和と広島のシステムの解説と、そのシステムの対策方法を長々と書いてきました。 ここ数年Jリーグで無双状態とも言える浦和と広島の戦術は他チームを寄せ付けず、僕自身、人の配置が目まぐるしく…

変化したチャンピオンシップのレギュレーション

昨季から新たにチャンピオンシップ(以下CS)というものが導入された。これはリーグ戦全34試合が終わった後に年間チャンピオンを決めることを目的とし、3~5チームで争そわれるトーナメント方式である。昨季は年間順位1位のサンフレッチェ広島がCSで優勝…

対広島戦で見せた4バックの弱点

今回は、2ndステージ第3節に行われた柏レイソル対サンフレッチェ広島のレビューをしようと思う。柏は1stステージで思うような結果が出なかったことから、2ndステージのチャンピオンを目指し、広島は年間順位で3位の浦和との勝ち点差を縮めるためにも両チー…

リオ五輪U-23メンバー発表

来月開催されるリオデジャネイロ五輪の日本代表メンバーが、先日発表された。 GK 櫛引 政敏 鹿島アントラーズ 中村 航輔 柏レイソル DF 藤春 廣輝 ガンバ大阪 塩谷 司 サンフレッチェ広島 亀川 諒史 アビスパ福岡 室屋 成 FC東京 岩波 拓也 ヴィッセル神戸 …

1stステージ制覇へ、鹿の赤喰い

リーグ戦も残すところあと2試合となったJ1リーグは、1stステージ優勝チームも川崎、鹿島、浦和の3チームに絞られた。そんな中、今節(第15節)の浦和レッズ対鹿島アントラーズの試合は優勝争いをする上で非常に重要な一戦となり、これを落とせば優勝の可能性が…

レスターシティ快進撃にせまる

今季フットボール界で神話のようなストーリーが生まれ、世界中でその話題が一気に広がった。 ご存知の方も多いと思うが、日本代表岡崎慎二選手が所属するプレミアリーグ・レスターシティの快進撃である。 昨季レスターは残留争いに巻き込まれ、シーズンの半…

トゥーロン国際大会2016

パラグアイ代表、ポルトガル代表に連敗を喫し、最悪のスタートとなった日本代表。 グループリーグも残り2試合となり、本日行われるギニア戦では、何としてでも勝利を納めたい。 少し遅くなってしまったが、今大会の詳細をまとめていこうと思う。 グループリ…

60分プレーヤー岡崎慎司、佐藤寿人

昔とは異なり、現代サッカーは各ポジションに求められるスキルが高くなってきている。 ゴールキーパーとセンターバックは足元の技術、サイドバックは攻撃参加、ボランチは得点力が求められる。 最近ではフォワードがハードワークすることが当たり前とされ、…

J1リーグ1st第9節柏レイソル対ヴィッセル神戸 因縁の対決

公式戦5連勝中、リーグ戦でもここ3試合で3連勝中と波に乗っている柏レイソルと、公式戦7試合負けなしとこちらも好調を維持しているヴィッセル神戸の対戦となった。 柏にとって対神戸戦とは、2014シーズンまで柏を率いていたネルシーニョ監督との因縁の対決を…

ミラーゲームを制した磐田 

昇格チームながら9位とまずまずな順位に付けているジュビロ磐田と、リーグ戦ここ5試合4勝1敗と好調を維持しているサンフレッチェ広島の一戦となった。磐田は今季のリーグ戦未だホームで勝てておらず、前年王者の広島相手だが3ポイントを取りにいく戦いを演じ…

J1リーグ1st第8節鹿島アントラーズ対柏レイソル 柏の変化

1stステージ折り返しとなるこの一戦は、ここ最近で好調同士の対戦となった。 鹿島はリーグ通算3失点と脅威の1試合平均0.5失点を下回っており、柏は下平新監督になってから公式戦4連勝と波に乗っている。 ガンバ対柏の記事にも書いたように、柏の可変4-1-4-1…

サッカー新ルール導入

サッカーのルールは他のスポーツとは異なり、あまりルール変更がされない傾向にある。 しかし今年に入りサッカー界で、新ルールが2つ追加されたことをみなさんご存じだろうか。 偶然にも僕は前々からこれらの新ルールを望んでおり、導入されることで試合がよ…

震災復興支援活動での元日本代表巻誠一郎選手

今月14日、熊本県で最大震度7にも及ぶ地震(前震)が発生し、16日にも同じく熊本県で最大震度6強にも及ぶ地震(本震)が発生した。 九州では多くの方々が避難所生活を送っており、今なお、余震、土砂災害が起こっている状況である。 そんな中、元日本代表でW杯出…

アンカーの配置と0トップで挑んだ、新潟の広島対策

今回取り上げるサンフレッチェ広島対アルビレックス新潟の試合は、前回取り上げたガンバ大阪対柏レイソルの試合同様、広島のACLの関係から金曜日の夜に開催された。 新潟は広島を大の苦手としており、公式戦9戦勝ちなしの2分7敗である。(前回勝利は10戦…

J1リーグ1st第7節ガンバ大阪対柏レイソル 柏プレッシング守備

ACLを戦っているガンバ大阪は19日(火)ホームで韓国チームと対戦することから、ガンバ大阪対柏レイソルの試合は金曜日の夜に行われた。 今季のリーグ戦でなかなか上位に食い込めない両チームだが、どちらも前節に勝利しており、上位進出するためには勝ち点3が…

サッカーリオ五輪U-23の組み合わせが決定!

先ほど、今年の8月にブラジルで開催されるリオオリンピックU-23の組み合わせが決定したので、グループリーグ、試合日程などをまとめていく。 グループリーグ グループA ブラジル 南アフリカ イラク デンマーク グループB 日本 スウェーデン コロンビア ナイ…

浦和レッズミシャ監督お馴染みの飴交換

あらゆるスポーツにおいて監督というポジションはとてもストレスが溜まるものだ。 勝ち試合だろうが負け試合だろうが、ときにはチームの降格が決定しようが、試合後には監督インタビューというものが必ず待ち受けている。 もちろん敗戦した試合後にインタビ…

J1リーグ1st第6節鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島 鹿島6バックでの対抗

ミシャシステム対策第3弾となる今回は、4月9日に行われた鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島の試合を振り返りながら説明していく。 この試合を見た感想は、鹿島が広島の攻撃をよく抑えていたという印象であり、鹿島4-1広島と得点でも鹿島が広島を圧倒した…

ミシャシステム対策でのミラーゲーム戦術

前回に引き続き今回もミシャシステム対策を取り上げるが、前回の試合レヴューとは異なり、今回は解説のみをしていく。 (広島対浦和の試合がまだ随分と先で、この2チームにミラーゲームで挑んでくるチームもまだ先であったため。) またミラーゲームとは何ぞや…

5トップには5バックを

前回にも書いた通り、今回から何度かに分けて、Jリーグのチームがミシャシステムに対してどのような戦略で挑んでいるかを述べていく。 そして今回は、4/1に行われたJリーグ1stステージ第5節、浦和レッズ対ヴァンフォーレ甲府の試合のレビューも兼ねて、説…

毎年上位に食い込む広島と浦和の共通システム

Jリーグは毎年のように優勝争いのチームが異なり、またどのチームが降格してもおかしくはない。近年の上位争いで言うと2011シーズンにJ2から昇格してきた柏レイソルのリーグ制覇、2012シーズンにベガルタ仙台の2位、2014シーズンにJ2から昇格してきたG大阪の…