読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグアナライズ

主にJリーグのチームを取り上げます

マッチレビュー

対広島戦で見せた4バックの弱点

今回は、2ndステージ第3節に行われた柏レイソル対サンフレッチェ広島のレビューをしようと思う。柏は1stステージで思うような結果が出なかったことから、2ndステージのチャンピオンを目指し、広島は年間順位で3位の浦和との勝ち点差を縮めるためにも両チー…

1stステージ制覇へ、鹿の赤喰い

リーグ戦も残すところあと2試合となったJ1リーグは、1stステージ優勝チームも川崎、鹿島、浦和の3チームに絞られた。そんな中、今節(第15節)の浦和レッズ対鹿島アントラーズの試合は優勝争いをする上で非常に重要な一戦となり、これを落とせば優勝の可能性が…

J1リーグ1st第9節柏レイソル対ヴィッセル神戸 因縁の対決

公式戦5連勝中、リーグ戦でもここ3試合で3連勝中と波に乗っている柏レイソルと、公式戦7試合負けなしとこちらも好調を維持しているヴィッセル神戸の対戦となった。 柏にとって対神戸戦とは、2014シーズンまで柏を率いていたネルシーニョ監督との因縁の対決を…

ミラーゲームを制した磐田 

昇格チームながら9位とまずまずな順位に付けているジュビロ磐田と、リーグ戦ここ5試合4勝1敗と好調を維持しているサンフレッチェ広島の一戦となった。磐田は今季のリーグ戦未だホームで勝てておらず、前年王者の広島相手だが3ポイントを取りにいく戦いを演じ…

J1リーグ1st第8節鹿島アントラーズ対柏レイソル 柏の変化

1stステージ折り返しとなるこの一戦は、ここ最近で好調同士の対戦となった。 鹿島はリーグ通算3失点と脅威の1試合平均0.5失点を下回っており、柏は下平新監督になってから公式戦4連勝と波に乗っている。 ガンバ対柏の記事にも書いたように、柏の可変4-1-4-1…

アンカーの配置と0トップで挑んだ、新潟の広島対策

今回取り上げるサンフレッチェ広島対アルビレックス新潟の試合は、前回取り上げたガンバ大阪対柏レイソルの試合同様、広島のACLの関係から金曜日の夜に開催された。 新潟は広島を大の苦手としており、公式戦9戦勝ちなしの2分7敗である。(前回勝利は10戦…

J1リーグ1st第7節ガンバ大阪対柏レイソル 柏プレッシング守備

ACLを戦っているガンバ大阪は19日(火)ホームで韓国チームと対戦することから、ガンバ大阪対柏レイソルの試合は金曜日の夜に行われた。 今季のリーグ戦でなかなか上位に食い込めない両チームだが、どちらも前節に勝利しており、上位進出するためには勝ち点3が…

J1リーグ1st第6節鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島 鹿島6バックでの対抗

ミシャシステム対策第3弾となる今回は、4月9日に行われた鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島の試合を振り返りながら説明していく。 この試合を見た感想は、鹿島が広島の攻撃をよく抑えていたという印象であり、鹿島4-1広島と得点でも鹿島が広島を圧倒した…

5トップには5バックを

前回にも書いた通り、今回から何度かに分けて、Jリーグのチームがミシャシステムに対してどのような戦略で挑んでいるかを述べていく。 そして今回は、4/1に行われたJリーグ1stステージ第5節、浦和レッズ対ヴァンフォーレ甲府の試合のレビューも兼ねて、説…